Anime

ダイの大冒険|第52話|要約・感想まとめ|父子竜出陣|魔宮の門で待つ男

こんにちは!
優しいブログのユタカです。

ダイの大冒険第52が放送となりました!
本記事では第52話の見どころをご紹介します。

まだ見れていない方もう見れないけど内容が気になる方
ぜひ最後までご覧ください!

新作『ダイの大冒険』を見逃した方向けに、視聴手段をご紹介しています

 

本記事の紹介内容

2020年版『DragonQuest-ダイの大冒険-』第52話の感想と考察

■『ダイの大冒険』について簡単に紹介!

別記事を読んでくださった方

同じ内容なので目次から読み飛ばしてください!

第52の見どころまとめ

・父と子、二人の竜の共闘|バランとダイ

・魔宮の門で待つ男|フェンブレン

第52話を漫画コマの引用でまとめていきます!

■見逃し配信中!『U-NEXT』の紹介

 

本記事の信ぴょう性

マンガ『ダイの大冒険が大好きで何度も読み返しました

ダイポップ心揺さぶれるセリフに今も助けられています!

大人も絶対楽しめるそんな作品の再アニメ化を全力で応援中

本記事は放送内容を、漫画に照らし合わせながら、解説感想をお伝えします。

 

物語の一部ネタバレが含まれます

■【ダイの大冒険】まだ見たことのない方ご注意ください!

 

■『ダイの大冒険』関連記事はこちらからご覧ください!

仲間のためにメガンテ(自爆呪文)を!ダイの大冒険の真の主人公ポップとは|ネタバレ有ドラゴンクエストに”ダイの大冒険”という物語があることをご存知でしょうか?再アニメ化が決まり注目を浴びているマンガです。ダイという少年が勇者として成長し魔王に立ち向かうストーリーです。今回はこの作品で大きな魅力を放つポップというキャラクターについて語りたいと思います。ぜひご覧ください。...

 

 

本記事で引用するマンガ


 


マンガアニメ!ぜーんぶ『U-NEXT』で楽しめちゃう!

Dragon Quest-ダイの大冒険-を楽しむなら
動画配信サービス『U-NEXT』で!!

→→→U-NEXT公式ページはこちらをクリック

 

『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』とは

©1989 三条陸/稲田浩司

 

まずは、『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』という作品について説明しましょう。

 

『ダイの大冒険』について

【あらすじ】

かつて、魔王ハドラー率いる魔王軍勇者率いる勇者パーティの戦いは、勇者パーティの勝利で終わり、魔王の配下であったモンスターも魔王の支配から解き放たれ、世界に平和が訪れた。

それから十数年後。モンスターが平和に暮らす怪物の島・デルムリン島で唯一の人間である少年ダイは、鬼面道士のブラスに育てられながら、ゴールデンメタルスライムのゴメちゃんを始めとする友達のモンスターたちと共に平和に暮らしながら、勇者になることを夢見ていた。

ある日、ゴメちゃん以外の島のモンスターたちが凶暴化。辛うじて理性を保っているブラスは魔王が復活したことを察する。そこに勇者の家庭教師を名乗る謎の人物アバンとその弟子の魔法使いポップが現れ、島をマホカトールで覆い、モンスターたちを魔王の支配から救った。魔王を倒し、平和を取り戻すべく、ダイはアバンの指導を受けて、秘められた力を開花させていく。

DRAGON QUEST -ダイの大冒険-
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

ダイの大冒険』は、1989年~1996年の7年間にわたり『週刊少年ジャンプ』にて連載された作品です。

実はこの年代の週間少年ジャンプは黄金時代と呼ばれており、
あの『ドラゴンボール』や『SLUM DUNK』、『幽☆遊☆白書』などと共に連載されていたのです。

これらの有名作品の裏で、実はファンも多く、多くの名言を残してきた作品が、
DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』なのです。

 

今回、”再”アニメ化とあるとおり、『ダイの大冒険』は過去にアニメシリーズも放送されていました。
多少原作と異なる部分がありつつも完成度は非常に高く、漫画における感動シーンは、声優の魅力ある声によって、より感動できるものでした!

しかし、なんとも中途半端なところで”打ち切り”となってしまったのです。
主人公とその父親に関する、重要なストーリーの最中、アニメは終了してしまいました。

『彼らの旅はまだまだ続く・・・』というテロップが合う、そんな終了の仕方だったのです。

だからこそ、今回の再アニメ化は、ファンにとっては非常に嬉しい知らせであったことと思います!

 

2020年版|新作『ダイの大冒険』

番組公式ホームページ より引用

 

【2020年10月3日(土)9時30分~毎週放送!】

連載開始から30年の時を経て、完全新作アニメ化となります!

今作で新しく担当することとなる声優陣と、旧作で担当した声優陣を紹介していきます。

声優陣は一新されるので、今作は今作らしいキャラ作りで良いと思います。
しかし、ファンとしては少しでも旧作の雰囲気が残っていると嬉しいですね!

 

 

『ダイの大冒険』第52話:父子竜出陣

ダイとの共闘を名乗り出たのは、父バランだった。
突如として現れた竜騎将に、驚く一同。だが、バランの事情を知ったレオナは、すぐに彼の力を借りることを決断する。

作戦は、ポップ、マァム、クロコダインが地上でハドラー親衛騎団を引き付けておき、その間にダイとバランが魔宮の門を破壊するというもの。
ダイは複雑な思いを抱えながら、父とともに敵の本拠地へ向けて出陣。竜の親子を見送ったポップたちも、死の大地に降り立ちハドラー親衛騎団と激突する。

そして、カール城でバランとの戦いの傷を癒していたヒュンケルもまた、立ち上がろうとしていた。
ヒュンケルに想いを寄せるエイミは、満身創痍の彼を必死に止めようとする。しかしヒュンケルは、彼女の気持ちを受け止めながらも、死の大地へと向かっていくのだった。

一方、魔宮の門にたどり着いたダイとバラン。
そこにはなんと、フェンブレンが待ち構えていた。バランへの雪辱に燃える彼は、ハドラーの指示を無視して、ダイとバランに戦いを挑む。

フェンブレンの攻撃に不意を突かれ、真魔剛竜剣を手放してしまったバラン。
武器を回収しようとした次の瞬間、フェンブレンの刃がバランに迫る――!

「ダイの大冒険」公式ページ より引用

 

父と子、二人の竜の共闘はじまる

竜騎将バランと勇者ダイの共闘

敵の本拠地「大魔宮バーンパレス

その入り口となる「魔宮の門」は、何百年も開いたことがない伝説の門。
大魔王バーンと戦うためには、この門を突破しなければならない。

魔宮の門の破壊を担うメンバーに名乗り出たのはダイ。

そしてもう一人・・・。
なんと竜騎将バランであった。

 

ダイの大冒険 第13巻より引用

 

バランは自身の目的のため、一時的にダイ達に協力すると名乗りを上げた。

対してダイは、バランに対し素直になれない。

バランに促され、ようやく口を開いたダイが聞いたのは、母ソアラのことだった。

 

ダイの大冒険 第13巻より引用

 

お母さんってどんな人だったの・・・?」
その問いに、バランは素直に答える。

 

ダイの大冒険 第13巻より引用

 

バランは言う。
「あれほど深く人を愛する事は もうあるまい」と。

バランのソアラへの想いを知り、ダイはほっとする。

ダイがバランの前で笑顔をこぼしたのは、これが初めてだった。

 

ダイの大冒険 第13巻より引用

 

そして、二人の竜魔宮の門へ出発する。

 

ダイの大冒険 第13巻より引用

 

魔宮の門で待つ男

ビショップ・フェンブレン

ダイとバランが魔宮の門へ向かっていた頃・・・。
ポップたちの前には、ハドラー親衛騎団が現れた。

ポップは、現れた親衛騎団に対し、チウがやられた怒りをぶつける。

 

ダイの大冒険 第13巻より引用

 

しかしその場に、目的であったフェンブレンは居なかった。

 

ダイの大冒険 第13巻より引用

 

フェンブレンが居ないことに一番困惑したのは親衛騎団だった

フェンブレンはハドラーの命令を無視して動いたのだ。

 

ダイの大冒険 第13巻より引用

 

親衛騎団の紋章を残して・・・。

フェンブレンが命令を無視してまで向かった先は。

 

ダイの大冒険 第13巻より引用

 

フェンブレンが向かったのは「魔宮の門

フェンブレンの目的は、竜騎将バラン
自分から視界をうばったバランを倒すため、ハドラーの指示をも無視して一人、魔宮の門へと向かったのだ。

奪われた視界はあえて治さず、バランへ闘いを挑む・・・!

 

本記事のまとめ|『ダイの大冒険』第52話

本記事では、ダイの大冒険 第52話のまとめを書いてきました。

ダイの大冒険 第52話|見どころ

■父と子、二人の竜の共闘

大魔王バーンの本拠地「バーンパレス」の存在を知ったダイ達。
唯一の入り口である魔宮の門を破壊するため、作戦を立てる。

何百年もの間、開いたことがない魔宮の門。いくらダイでも一人では厳しいかもしれない。

そこに名乗りを上げたのは、竜騎将バランだった。

バランとダイ、父と子二人の竜の共闘が始まる。

 

今回も最後までご覧くださりありがとうございました!

 

 

マンガアニメ!ぜーんぶ『U-NEXT』で楽しめちゃう!

Dragon Quest-ダイの大冒険-を楽しむなら
動画配信サービス『U-NEXT』で!!

→→→U-NEXT公式ページはこちらをクリック

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA