Game

『やばたにえん』考察記事|グレース(G.Montgomery)とは何者?|深堀り考察

こんにちは!
優しいブログのユタカです。

今回はこちらのご依頼に答えていきたいと思います!

調べている人
調べている人
やばたにえん』に登場するMontgomery家、そしてグレースう女性が気になります。

グレースは心優しい女性だと思っておりましたが、どうやら訳あり女性なのでしょうか。
そして、どうして彼女が我妻に狙われることになったのか?

ぜひ考察を聞かせてください!

 

本記事の紹介内容

やばたにえん』『滅やばたにえん』と公式配信の情報をまとめて考察します。

Montgomery家とは?

■青髪が特徴の女性、グレース(G.Montgomery)とは?

ブレア家との関係は?

 

本記事の信ぴょう性

■『やばたにえん』『滅・やばたにえん』の全エンディングを確認しました

公式Twitterの追加解説などをくまなく目を通しています

 

■本記事は『やばたにえん』『滅・やばたにえん』の攻略記事ではありません

物語のネタバレが多く含まれます

未プレイ未クリアの方はご注意ください

 

『やばたにえん』とは?

やばたにえん

やばたにえん

takeshi nagahara無料posted withアプリーチ

 

『やばたにえん』は、Yotalien Gamesによるアプリ、Nintendo Swich向けゲームです。

とある屋敷に囚われている女の子たちを謎解きしながら救出していくゲーム

■ドット絵の可愛らしいイラスト

■部屋移動や動作一つひとつがカウントされ、それが時間経過と判断されます
(例)部屋を移動すると1カウントされ、他の部屋で何かが起きていたりする

女の子達に迫りくる仕掛けの謎を解き、館を脱出させよう!

 

より詳しい解説記事はこちらご覧ください!

屈指の鬱系スマホゲーム『やばたにえん』を徹底考察!ネタバレ有|物語~エンディング【ネタバレ注意】皆さんは『やばたにえん』ご存知ですか?女子高生の流行語になった言葉みたいですね。でも今回はそんな可愛いものではありません。言葉の通りヤバいスマホゲー、それが『やばたにえん』です。とにかくグロテスクな謎解きゲームですが、ストーリーも奥が深いのです。ただプレイしただけだと分からない闇が見えてきたので、今回は考察記事にしたいと思います。...

 

G.Montgomeryについて|やばたにえん

Pixiv より引用

 

今回の記事の中心人物は、『G.Montgomeryグレース)』という女性です。
青い髪が特徴的ですね。

Montgomery家の当主でした。

このゲームのキャラクターは全てがドット絵なので、年齢などははっきり分かりませんが、美しい女性なのだと思われます。

本編中のグレース|謎のゾンビ

やばたにえん』本編中に、グレース自身の姿はありません。

しかし、グレースに似た容姿の謎の”ゾンビが女の子たちを襲うのです。

 

ゲームをプレイした方はすでにご存知と思いますが…。
このゾンビがグレース(G.Montgomery)なのです。

本編中は、我妻典子によって屋敷の密室空間に閉じ込められています。
普通の女性だったはずのグレースが、なぜこのような姿になってしまったのでしょう。

それは、エンディングを回収すると判明します。

本編に至るまで|グレース|やばたにえん

『やばたにえん』のあるエンディングを見ると、本編直前のストーリーが判明します。

 

グレースのもとを訪れた、ジャック・ブレア
お察しの通り、ジャックはどの事案にも絡んでいるわけで(苦笑)

グレースは、ジャックから手渡された飲み物を嬉しそうに飲んでいます。

するとグレースは...。

 

エレベーターの前で倒れてしまったグレース

その周りを囲むジャック(下)、田中エルナ(左)、加古東海(右)。

おそらく、渡された飲み物が毒物だった(あるいは睡眠薬が含まれていた)のだと思われます。

そして、さらに4人の女の子八神恭子我妻典子C.SONR.SON)たちが屋敷に入り込み、Montgomery家を乗っ取ってしまったのです。

気絶させられたグレースはというと?

密室部屋に閉じ込められてしまうのです。

部屋に繋がる機械を操作しているのが、我妻典子
ジャックの指示の下、操作しているように見えます。

製薬会社創業者の娘という訳ありポジションの我妻典子。
人体再生に関心があると紹介されています。

この人体再生に関する”何らかの実験のため”に、
グレースは利用されてしまい、結果、ゾンビと化してしまったと考えられます。

そして、本編に繋がり、グレースはゾンビと化した状態で、逆に女の子たちに襲い掛かろうとしているのです。

 

 

愛した男性がいた?

グレースにはかつて愛した男性がいました

滅・やばたにえんのあるエンディングで明かされています。

『リチャード・ブレア』
ブレア家の長男にして、ジャック・ブレアのお兄さんですね。

 

 

滅・やばたにえんのエンディングにて。

グレースは、リチャードから花嫁ドレスと見られるものを受け取っています
喜ぶように微笑むグレース。

この様子を覗いていたブレア家の女性、サラ・ブレア

この出来事がきっかけとなり、ブレア家は崩壊していくことになるのです…。

 

 

Montgomery家にあるお墓

 

改めて『やばたにえん』のエンディングより。

1枚目では、”誰かのお墓”の前で、グレースはお腹をさする様子を見せ、
その後、2枚目では、子ども用と思われる洋服を嬉しそうに見せます

このお墓は誰のものなのかは現時点では明かされていません。

現時点で出ている情報をまとめた上で、ひとつ考察してみましょう!

このお墓はリチャードのものと思われます。

”リチャードは何らかの理由で死んでしまった”と思ったグレースは、彼のお墓を建てた。

おそらく、グレースと結婚(またはその約束)をした後、リチャードは行方不明になった。グレースとお腹の子どもを残して…。

このタイミングで、リチャードはブレア家内のトラブルに巻き込まれ、グレースの下に戻ることが出来なくなったと考えています。

 

本編中では、お墓の中に地下室があり、ある女の子(OMIYO)が閉じ込められています。

お腹の子どもは?

グレースのお腹にいたと思われる子どもはどうなったのでしょうか?

おそらくは生まれることなく、ゾンビになる過程で亡くなってしまったと思われます。

そんな生まれることなく亡くなってしまった子どもに対する強い思いが、
本編中のOMIYO』という闇を生み出してしまったのではないでしょうか。

 

強い思いに反応するあるアイテム

それが『やばたにえん』における重要アイテムと繋がります。

そのアイテムが、依り代(人形)です。

 

 

グレースとはどんな人物なのか

グレースはどんな人物だったのでしょう。

ここまでの情報をまとめると、

■愛した男性を失った

■子どもを失った

■自宅を乗っ取られた

■ゾンビにさせられた

これだけ見ると、非常に悲しい運命を背負った女性と言わざるをえません。

このゲームをプレイした方は、グレースのことを以下のように思うでしょう。

■このゲーム唯一といっていいほどの良心の持ち主

■非常に可哀そうな人物

 

でも、もしかしたら、そうでもないかも…

そんな風に思わせるツイートがYotalien Gamesから配信されました。

この記事を書いている前日に配信されたこの情報。

正直この情報で私はグレースのことが何も分からなくなってしまいました(苦笑)

この記事から分かることは…

■グレースは若い男性相手になにかしら商売をしていた

■少なくとも夫と呼べる人物が12人いた

 

そしてさらにこのツイートです。

グレースと話しているのは、E.Montgomeryという姪とされている女性です。

 

E.Montgomeryも非常に裏のありそうな女性です。
現時点の考察はこちらの記事をご覧ください!

『やばたにえん』E.Montgomeryは何者?過去を生きた『エリン』との関係を徹底考察【ネタバレ有】『やばたにえん』記事3作目。今回はE.Montgomeryについて解説と考察をしていきます。本編中では出番の少なかった彼女が、掘れば掘るほど闇深いキャラクターであることが分かってきました。E.Montgomeryの過去から現代までの行動などをまとめて解説します。「彼女が気になっていました!」という方はぜひご覧ください。...

 

このツイートから読み取れる情報は…

■匿ったお礼として何かの薬が渡された。

■グレースは頻繁に”おもてなし”をしていた

■”おもてなし”=”商売”と関係している?

女性の”おもてなし”と聞くと、あまり”いいこと”とは考えられないでしょう。

これらを、一度整理してみましょう。

ーーここからは私の妄想も含みますーー

『グレースは、世間知らずな男性を自宅に連れ込み、商売(おもてなし)をしていた。』

そのうちの一人がリチャード・ブレアだった。

しかし、リチャードを何らかの理由で失いそうになってしまった
これがツイート最後の一コマ。

そのとき、グレースは

リチャードは本当に愛すべき人」だと気付き、深く後悔する。

 

ふと、エリン(E.Montgomery)から受け取った薬が頭を過ぎる。

(この薬は滅・やばたにえんに出てきた”生体活性剤”と同等のものと考えます)

これにより、リチャードを復活させることに成功する。

 

このようなイメージです。

多少無理やり感がぬぐえないのと、グレースの紹介にある

『十二番目の夫が死去するとすぐ忘れ…

上記の部分が回収しきれておりません。

ただし、ここ数日の公式ツイートから見るに、グレースも闇深き過去を持つ女性であるように思えてきました。

これはミスリードなのか、真実なのか。

今後の配信が非常に楽しみですね!

本記事のまとめ

今回はMontgomery家の当主である『グレース』について、記事を作成しました。

実は、この記事を書こうと決めた直後に、話の解釈が大きく変わるツイートが配信され、整理しきれない中での作成となりました。

リアルタイム考察もなかなか面白いのではないでしょうか?
ぜひ皆さんの考察もお聞きしたいところです。

今後も『やばたにえん』の続編や各キャラクターの深堀りが進んでいくと思います。

都度情報を更新しつつ、記事を書いていきたいと思いますので、
ぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです!

 

ぜひ、考察の前に、実際にプレイして、脱出してくださいね!
ご自身の目で、エンディングを確認してみましょう!

 

 

 

やばたにえん

やばたにえん

takeshi nagahara無料posted withアプリーチ

 

人気アプリゲーム<5選>

ねこレストラン

ねこレストラン

伟 王無料posted withアプリーチ

 

 

恋愛ゲーム 病み彼女これくしょん「ヤミこれ」

恋愛ゲーム 病み彼女これくしょん「ヤミこれ」

DayDreamer無料posted withアプリーチ

放置少女〜百花繚乱の萌姫たち〜

放置少女〜百花繚乱の萌姫たち〜

C4 CONNECT K.K.無料posted withアプリーチ

Rise of Kingdoms ―万国覚醒―

Rise of Kingdoms ―万国覚醒―

LILITH TECHNOLOGY HONG KONG LIMITED無料posted withアプリーチ

カウンター・アームズ

カウンター・アームズ

Ujoy Games Limited無料posted withアプリーチ

 

POSTED COMMENT

  1. やばたに初心者 より:

    考察大変興味深く読ませていただいております。

    ブレア家の母ゼルダが「夫殺害後逃亡」で、息子のリチャードが母を捜索している、ということは
    もしかして母が生きている可能性がある?と考えたら、
    そういえばゼルダとグレースって顔似てませんか?
    ゼルダブレアとグレースモントゴメリが同一人物だとしたら色々衝撃ですが、やばたにえんならあり得るのではないかと。

    ゼルダの設定の「最も過酷な運命を背負わされた」の意味するところが顔崩れの病のある兄弟との婚姻のことを指すのだとしたら、逃亡後に堰を切ったように顔のいい男と結婚を繰り返す精神状態になる可能性があるのではないでしょうか?
    グレースの「仕事」が謎ではありますが夫が12人いて「すぐ忘れる」位気持ちがなかったという点や“おもてなし”という言葉から、結婚詐欺師のような生業だったと考えます。また、館内に「なにかの摘出器具」や拘束部屋があるので人体の売買をしていた可能性も…そういう仕事からアガツマファーマやエリンと繋がることは充分考えられます。

    13番目にたまたま出会った世間知らずの男、それが実の息子のリチャードで、彼を本当に愛してしまった。そして本編へ…

    自分が寵愛してた息子だと認識して男として愛したのだとしたら相当狂っているなと最初思ったのですが、一度死なせてしまった?こと(その後エリンがくれた生体活性剤らしきもので甦らせた?)や、ブレア家に入ってウエディングドレスをもらったシーンがあるあたり、ゼルダ自身はもう自分がブレア家から逃亡した記憶も消失しているのかもしれません。
    夫を殺害して逃亡している時点ですでに狂っているのですけどね。さすがに記憶あったら、ブレア家に入るのは無防備すぎるかなと。

    ではリチャード側。
    滅の光エンドの衛星はリチャード制作かと考えます。明晰な脳でなければつくれませんし。二人が出会うことプラスウェディングドレスがトリガーになって美しく永遠の像になれる光線…ということはリチャードは自分達が生きて今世で一緒になれないと確信してたようです。それはサラに監禁された為?転送装置まで作る人がそんな程度で諦めるかな?
    酸で「唯一の良心ちゃん」という存在が登場しました、ということはリチャードもまたやばたにえんな奴ということになるわけで…
    リチャード、もしかして、グレースが母だと気付いたのかもしれません。どの時点で気づいたのかによってもやばさが変わりますが、自室でプロポーズした時点は気づいてなかったと思いたいです。

    またグレース=ゼルダだとしたら、知らずに実の母を手にかけたことになる娘のジャックがあまりに可哀想な運命を背負いすぎではあります。

    これは関係あるかわかりませんが、ジャックが姉の遺体を埋めた壁を青く塗っていたことも気になってます。
    ブレア家といえば赤い髪色です。
    ゼルダがグレースになるとき髪色を青に染めたことと、ジャックが憎い姉(壁)を青く塗ったことがたまたま同じ「過去を消去する」意味を含んでいるのではないかと言うのは考え過ぎでしょうか。

    グレース=ゼルダだと仮定した考察でした。
    まとまりのない長文失礼しました。
    優様の読みやすい文章で今後も考察更新を楽しみにしております。

    • むらかわJr. より:

      横から失礼します。ゼルダとグレースが同一人物であるという考察にあっと驚きました。確かに顔がそっくりですね。
      そう考えると、エンディング「化」で「おてもやん」が歌われたこととも関係しているのではないかと思えてきました。

      「おてもやん」は結婚していながら夫の顔が(病気もしくは天性で)醜いため夫を(世話をお世話役にまかせて、)家にほっぽかして外に出て遊んでいた。おてもやんは外で男たちに声をかけられることを「人生の花盛り」として喜び楽しく過ごした。

      グレースが若い男相手に「商売」をしているというのも、「家の中で顔の崩れた夫と無理やり子供を作らされた」ことへの反動のように感じられます。(家ではあんな顔の男と子作りを強いられていたけど、まだ女としては花盛りなの♪)みたいな。男に愛されたり貢がせることで自分の価値を肯定したいというようにも感じます(モントゴメリー邸も貢いでもらったのでしょうか)。
      リチャードが母ゼルダを探している間にグレースと出会い、グレースはリチャードが自分を憎んでいたり、連れ戻しにきたのではないかと思って殺してしまう。しかし、リチャードは本当に愛していてくれたことがわかったため蘇らせる(しかしサラの謀略により化け物にされる)。……と思うと、なかなか胸糞が悪いですね。近親婚で続いてきた家系から逃げて自由恋愛したと思ったら実は母親だったのはあまりにもかわいそう。それが原因でサラが狂いジャックがいじめられ自身は怪物になってしまったので……。

      リチャードを的確に母親のもとに導いた占い師にも何か裏がありそうですね。今後のシリーズがより一層楽しみになりました!興味深い考察をありがとうございました!(^-^)

    • ユタカ より:

      いつも『優しいブログ』記事をご覧いただきありがとうございます!
      そして、驚きの的を射た考察、とても参考になりました。

      やばたに初心者様のお考えの内容、可能性としては全然ありえるなと感じております。

      グレースはまだまだ謎の多い存在です。
      サイドストーリーなどで絡んでくる存在だと思いますが…。

      個人的に今後のキーマンとなるのではないかと感じている存在が『E.MATSUMOTO』です。
      「当主(グレース)の護衛」ということ以外なにも分かっていないのですが、
      グレースの側近でありながら、なぜ『滅やばたにえん』ではブレア家の館に捕らわれていたのか。

      それはもしかすると、やばたに初心者様がおっしゃるように、グレースが元はブレア家の人間であったのかもしれませんね。

      近く、このあたりに関して考察を更新したいと思います。
      ぜひ、やばたに初心者様のコメントを紹介させてください!

      今後ともやばたにえんを楽しんでいきましょう!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA