Game

【Ghostwire: Tokyo|ゴーストワイヤー東京】発売!紹介とプレイ感想(ネタバレなし)

こんにちは!
優しい知恵ブログのユタカです。

本ブログでは
アプリ/PlayStation/NintendoSwichゲーム感想・考察記事を中心に掲載!

本記事では
新作ゲーム『Ghostwire: Tokyo』の情報や初見プレイ感想を紹介していきます。

 

本記事の紹介内容

PlayStation用ゲーム『Ghostwire: Tokyo』発売!

ゲーム紹介プレイ感想

Ghostwire: Tokyoはどのようなゲームなのか?
世界観は
操作性は
登場人物は

Ghostwire: Tokyoをプレイした感想

 

 

Ghostwire: Tokyo|ゴーストワイヤー東京

Ghostwire: Tokyo PS公式ページより引用

 

ストーリー|Ghostwire: Tokyo

未知と対峙し、真実を暴き、東京を救え

謎の般若面の人物によって引き起こされた大規模な超常現象により、東京の人々は一瞬にして消失してしまった。

Ghostwire: Tokyoの世界でプレイヤーは、謎の復讐者と手を組み、強力な能力の数々を習得しつつ、未知と対峙し、大規模人体消失の裏に潜む真実を暴いていく。

Ghostwire: Tokyo 公式ページより引用

 

世界観|Ghostwire: Tokyo

不気味な美しさを湛えた東京

“超常”の存在によって独特な姿へと歪められた東京を探索しよう
超近代的な街並み、古式ゆかしい寺社仏閣、狭い路地裏。多彩な景色を擁するこの妖しくも美しい街には、色々な妖怪や亡霊がさまよい、ひしめき合っている。

東京タワー渋谷スクランブル交差点といったランドマークが、次世代の技術によって驚異的なディティールとレンダリングで描写される。

大規模人体消失で静止した東京
実在することをあざ笑うかのような非日常の冥界を舞台に、決死行が始まる。

Ghostwire: Tokyo 公式ページより引用

 

登場人物|Ghostwire: Tokyo

暁人

Ghostwire: Tokyo 公式ページより引用

 

本作の主人公
妹に会うため渋谷の病院へ向かっていたところ、突如発生した「人間の大量消滅事件」に居合わせてしまい、致命傷を負ってしまいます。

しかし、謎の人物(KK)が自身の体に突然入り込んできたことで、命を繋ぎ、行動を共にすることとなる。

謎の人物(KK)の力が働くことで、強力な能力(陰陽師のような)が習得可能となり、
未知の生物たちと戦う力となる。

 

謎の人物(KK)

Ghostwire: Tokyo 公式ページより引用

 

主人公の中に入り込んだ謎の人物。自らを”KK“と名乗る。

渋谷で致命傷を負ってしまった主人公の体を乗っ取ろうとするが、
主人公の強い意志により、完全制御は出来ず、行動を共にすることとなる。

口調が強く威圧的な態度をとる。
だが、ときには主人公を導き、ともに行動するなかで優しい一面を見せることもある。

主人公に、未知の生物と戦う強力な能力を与える。

主人公の敵となる般若面とは面識があるようだが・・・?

 

プレイ感想|Ghostwire: Tokyo

ストーリーはまだまだ序盤ですが、
レベル上げや街の探索など、10時間ぐらいプレイした感想を書いていきます。

購入を迷われている方の参考になれば幸いです!

「一人称視点」がとにかく慣れない!

私は、「一人称視点」ゲームは本作が初でした。

基本、足元が見えない不安から動きがギコちなくなってしまったり、戦闘シーンでも視点移動がマストなので、とにかく考えることが多い難しさがあります。

敵を見失う、移動がスムーズにできない、視点の動きに若干酔う・・・。
など初めはありましたが、プレイしているとだんだん慣れてきました。

おそらく、普段からFPS系ゲームやバイオハザード8などをプレイしている方なら、すぐに慣れてしまうんでしょうね。

YouTuberでいえば弟者さんとか、コジマ店員さんとか。
この方々はすでに「Ghostwire: Tokyo」をプレイしているのを確認しているので、ぜひ見て参考にしてみましょう!

現実にある場所を散策できる楽しさ

本作の舞台となるのは『渋谷』です。

ゲームが始まると早々、渋谷のスクランブル交差点からスタートします。

ゲーム序盤は、大部分が霧の結界で塞がれていて行けなくなっています。
霧に長時間ふれていると危険

ストーリーが進むにつれて行ける部分も増えていくと、見覚えのある街並みが・・・。

『龍が如く』の神室町(モデルは新宿歌舞伎町)ほどではありませんが、
ここ知っている!」というポイントも多く、散策が本当に楽しいです。

ちなみに、お店などは実際にある店舗の名前をもじっていることが多く、
クスっと笑えるものになっています。

スクランブル交差点にある、有名コーヒーチェーン「STARBUCKS」が『TULITORBUCKS』になっていたり。

「FRESHNESS BURGER」と「MOS BURGER」が合わさった
FRESHMOS BURGER』というお店があったり。

あの大型商業施設「渋谷ヒカリエ」は『KAGERIE』に名前を変えていました。

見渡せば、どこか見覚えのあるものが目に入るのはとても楽しい感覚です!

 

プレイ画面

 

動物たちが唯一の癒し

本編では、犬や猫、タヌキなど動物たちが登場します。

この子たちがとにかく可愛い!!

なんと、この動物たちを撫でたり、エサをあげたりできるのです!
この時間がなんとも癒し・・・。

 

プレイ画面

 

飼い主が突如消えてしまってさまよっているワンちゃんが多くいます。
ドッグフードを片手に、困ってるワンちゃんを探して歩くのもいいですね。

 

プレイ画面

 

野良ネコもいますし、コンビニや屋台で商売をしてるネコちゃんもいます。

ワンちゃんもネコちゃんも鳴き声がリアルで、妙にかわいい・・・。
製作陣の動物への愛を感じます。

 

本記事のまとめ|Ghostwire: Tokyo

PlayStation用ゲーム『Ghostwire: Tokyo』発売!

ゲーム紹介プレイ感想

Ghostwire: Tokyoはどのようなゲームなのか?
世界観は
操作性は
登場人物は

Ghostwire: Tokyoをプレイした感想

 

勿論ストーリーも楽しめていますが、何よりゲームの中で渋谷の街を歩けるのはとても魅力的でした!

初めは行ける範囲も狭いですが、鳥居を開放していくことで邪魔する霧も晴れていき、渋谷の街の全体像が見えてきます。

ストーリーを進めるもよし、街を散策するもよし、動物を愛でるもよし。

やれることは盛りだくさんの『Ghostwire: Tokyoは、ぜひプレイしてみてもらいたい一本です!


 


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA